ホーム > プレスリリース > 2018年 > 社会医療法人大雄会(愛知県一宮市)への「CADA-BOX」導入が決定 尾張西部医療圏の中核病院として患者中心の医療を提供

プレスリリース

社会医療法人大雄会(愛知県一宮市)への「CADA-BOX」導入が決定
尾張西部医療圏の中核病院として患者中心の医療を提供

2018年7月31日

 医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代田区 岩崎 博之代表取締役社長)は、社会医療法人大雄会(愛知県一宮市 伊藤伸一理事長)総合大雄会病院への 「CADA-BOX」 導入が決定したことをお知らせいたします。同病院は、同県尾張西部医療圏の中核病院で患者中心の医療提供を目指しています。「CADA-BOX」は、当社が提供する、患者が自身の診療情報を保管・閲覧できる「カルテコ」を付帯した病院向けの仕組みです。

【 伊藤伸一理事長の「CADA-BOX」導入についてのコメント 】

 「CADA-BOX」導入の決め手は、付帯されている「カルテコ」により患者さま自身が健康状態や病気に対する理解を深め、治療方法の選択に向けた医師との信頼関係を構築するほか、地域医療の情報共有に寄与できると考えるからです。私どもの基本理念である「思いやりの心を持って患者さま・ご利用者さま中心の良質な医療・介護を提供する」につながります。

 また、総合大雄会病院は、大規模災害が発生した際に傷病者受け入れや搬出が可能な体制などを持つ「災害拠点病院」に指定されています。万一この地域が被災して混乱する中で、患者さまが診療情報を持ち歩くことになる「カルテコ」で診療記録や処方薬剤名をすぐに出すことができれば、適切な医療を受けることができます。緊急時には、このような使い方もできると期待しています。

【 社会医療法人大雄会 総合大雄会病院について 】

名称: 総合大雄会病院
設立: 1924年9月
病院長: 今井秀
所在地: 愛知県一宮市桜一丁目9番9号
診療科目: 内科 、 循環器内科 、 消化器内科 、 呼吸器内科 、内分泌・糖尿病内科 、 血液内科 、 神経内科 、 外科 、消化器外科 、呼吸器外科 、乳腺外科 、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科 、 泌尿器科 、 産婦人科 、小児科、耳鼻いんこう科 、 眼科 、皮膚科 、形成外科 、リハビリテーション科 、 精神科 、心療内科 、 救急科(救急救命科)、麻酔科 、放射線科 、歯科 、歯科口腔外科 、病理診断科
病床数: 379床 
URL: https://www.daiyukai.or.jp/

<本件に関するお問い合せ先>
メディカル・データ・ビジョン株式会社 広報 : 君塚・皆川・赤羽
MAIL:pr@mdv.co.jp TEL:03-5283-6911(代表)

プレスリリース