mdv ebm情報局mdv ebm情報局

学会事例

当社データをご活用いただき発表いただいた学会演題の一覧です

2018年

題名 COMPARE RENAL FUNCTIONAL PRSERVATION OUTCOME OF SGLT2 INHIBITOR VS DPP4 INHIBITOR IN PATIENTS
WITH TYPE 2 DIABETES: A RETROSPECTIVE COHORT STUDY OF JAPANESE COMMERCIAL DATABASE
WITH ADVANCED ANALYTICS APPROACH (PDB16)
著者 F.L. Zhou, H. Watada, Y. Tajima, M. Berthelot, D. Kang, C. Esnault, Y. Shuto, H. Maegawa, D. Koya
発表 ISPOR Europe 2018(Barcelona) 2018年11月10日~14日
題名 COMPARATIVE ASSSESMENT OF ORAL ANTIDIABETIC DRUG-MEDIATED GLYCEMIC CONTROL IN PATIENTS WITH TYPE 2 DIABETES
MELLITUS BETWEEN TWO DIFFERENT REAL-WORLD DATABASES (PRM83)
著者 A Kanegasaki, K Iwasaki
発表 ISPOR Europe 2018(Barcelona) 2018年11月10日~14日
題名 糖尿病治療薬の心血管疾患についての有効性調査:MDVデータベースによるコホート研究
著者 定月 保就, 平田 容資, 李 爽, ノキ田 真生, 伊澤 和俊, 杉山 拓洋, 山本 直幸, 豆田 有香, 宮内 康裕, 北島 行雄
発表 第24回日本薬剤疫学会学術総会(仙台) 2018年10月14日
題名 臨床検査値をGold Standardとしたアウトカムバリデーション研究
著者 李 爽, 平田 容資, 伊澤 和俊, 宮内 康裕, 定月 保就, 山本 直幸, ノキ田 真生, 豆田 由香, 杉山 拓洋, 北島 行雄
発表 第24回日本薬剤疫学会学術総会(仙台) 2018年10月13日
題名 医療情報データを用いたヘルペスウィルス感染症患者における血小板減少のアウトカム定義についての検討
著者 海野 一郎, 狩野 昌子, 是松 健太, 可児 毅, 舛永 安繁, 松井 慶太
発表 第24回日本薬剤疫学会学術総会(仙台) 2018年10月13日
題名 医療情報データベースを用いた高血圧患者におけるアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬による高カリウム血症発現リスクの検討
著者 藤居 宏幸, 篠原 正彦, 井部 誠久, 小寺 秀治, 井上 恵理, 山口 真一, 吉井 利郎
発表 第24回日本薬剤疫学会学術総会(仙台) 2018年10月14日
題名 大規模病院医療データベースを用いた小児における抗悪性腫瘍薬の適応外使用に関する実態調査
著者 黒田 万由子, 種村 菜奈枝, 佐藤 淳子, 漆原 尚巳
発表 第24回日本薬剤疫学会学術総会(仙台) 2018年10月14日
題名 Epidemiological Study Using Medical Information Database of Antiplatelet Therapy in Patients
with Percutaneous Coronary Intervention
著者 横井 宏佳, 小田 英世, 金子 和毅, 松尾 創
発表 CS2018 第82回日本循環器学会学術集会(大阪) 2018年3月23日
題名 Comparison of Persistence and Adherence Between Fixed-Dose Combination Therapy
and Two-Pill Combination Therapy in Japanese Patients
with Type 2 Diabetes Mellitus Using Two Administrative Databases (AD3)
著者 A Oh, H Katou, K Kisanuki, Y Onishi, F Guelfucci, I Amri, R Argoubi, Y Shimasaki, R Nishimura
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 Factor Dispensation and Expenditures in Hemophilia B Patients Switching from Standard Half-Life to
Extended Half-Life Recombinant Factor IX Replacement Products: Real-World Analysis in Japan (PSY34)
著者 T Karumori, A Chhabra, J Alvir, PF Fogarty, D Spurden, BJ Tortella, E Rubinstein, A Pleil
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 Cost-Minimization Analysis of Vercise DBS System for Parkinson’s Disease in Japan (PMD23)
著者 A Kitamura, T Sato, V Priest, S Inoue, M Kobayashi
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 Current Status of Real World Data using for Conducting Cost-Effectiveness Assessments in Japan (PRM21)
著者 K Hanada, M Akazawa
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 Medical Cost Estimation for Elderly Acute Myeloid Leukemia Using Real World Data in Japan
著者 Kentaro Kogushi, Kazuhiro Nakamura, Shunya Ikeda
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 Differences in postoperative admission days and nursing care levels depending on type of surgeries
for colon cancer patients
著者 Yuichi Shiotsuki, Kaede Anabuki, Shiori Tsuchiya, Rie Nishikino
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 THE EPIDEMIOLOGY AND DISEASE BURDEN OF SEVERE ASTHMA IN JAPAN UTILIZING MULTIPLE DATA SOURCES
著者 Keiko Sato, Tomoya Ohno, Toshihiko Kaise
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 PRM29: DEVELOPMENT OF A PRECICTION MODEL OF HEMOGLOBIN A1c BASED ON STATISTICAL MACHINE LEARNING
USING CLINICAL DATA
著者 Iwasaki K, Nakamura M, Takeshima T
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 FINANCIAL IMPACT OF OSTEOPOROTIC FRACTURE IN JAPAN BASED ON CLAIM DATA ANALYSIS
著者 Yurie Taguchi, Yuta Inoue, Taichi Kido, Nobuhiro Arai, Amgen As
発表 ISPOR Asia Pacific 2018(東京) 2018年9月8日~11日
題名 Lower Risk of Cardiovascular Events and Death Associated with Initiation of SGLT-2 Inhibitors versus
Other Glucose Lowering Drugs - Real World Data Across Three Major World Regions
with More Than 400,000 Patients: The CVD-REAL 2 Study
著者 Mikhail Kosiborod, Carolyn S.P. Lam, Shun Kohsaka, Dae Jung Kim, Avraham Karasik, Jonathan Shaw,
Navdeep Tangri, Su-Yen Goh, Marcus Thuresson, Hungta Chen, Filip Surmont, Niklas Hammar,
Peter Fenici and on behalf of the CVD-REAL Investigators and Study Group
発表 ACC.18: 67th Annual Scientific Session and Expo (Orlando) March 10-12, 2018

2017年

題名 PE-032 : Increasing Age and Comorbidities in 13,639 Adult Pa tients with Chronic Hepatitis B (CHB)
from 2011 to 2016 in Japan
著者 Hiroshi Yotsuyanagi, Hiroshi Yatsuhashi, Masayuki Kurosaki, Richard Zur, Steve Sherman,
Mindie H. Nguyen, Sooji Lee
発表 KASL2017
題名 PE-070 : Patient Characteristics and Medication Burden of Chronic Hepatitis C Patients in Japan
from a Nationwide Real World Hospital Claims Database
著者 Takeya Tsutsumi, Craig Brooks-rooney, Bryony Langford, Hiroshi Yotsuyanagi, Sooji Lee
発表 APASL2017
題名 日本人非弁膜症性心房細動患者における直接経口抗凝固薬の出血リスクと脳卒中予防効果:
実臨床下でのワルファリンとの比較
著者 鈴木 稜子、泉 直子、Keith Friend、片田 淳、中津 文子、Feng Wang、Xuemei Luo
発表 第23回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2017年11月19日
題名 レセプトデータを用いた肝細胞癌治療におけるTACE治療期間に影響する因子の解析
著者 赤田 圭史、小山 則行、谷口 茂、松村 幸一、三浦 雄治、青島 健
発表 第23回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2017年11月19日
題名 医療情報データベースを用いたデノスマブによる低カルシウム血症の検出方法の検討およびそのリスク要因に
関する薬剤疫学研究
著者 今任 拓也、佐井 君江、堀 雄史、柄山 正人、古橋 一樹、木村 通男、川上 純一、斎藤 嘉朗
発表 第23回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2017年11月19日
題名 日本人2型糖尿病患者における治療薬の処方実態:医療情報データベースを用いた検討
著者 黄 章徳、木佐貫 幸一、加藤 晴香、西垣 信裕、嶋. 幸生、大西 佳恵、廣居 伸蔵、西村 理明
発表 第23回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2017年11月19日
題名 医療データベース研究の活用事例;バリデーション研究
著者 松下 泰之、鏑木 淳平 (日本臨床試験学会)
発表 第23回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2017年11月18日
題名 製造販売後調査と医療情報データベース研究における各種データソースの比較検討
著者 長谷川 千恵、佐川 慶、瀧田 厚、早川 晶子、内納 和浩、森 義弘、田村 剛一、松岡 洋明、田邊 裕和、
小暮 誠二、荒井 美由紀
発表 第23回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2017年11月18日
題名 製造販売後調査(Post Marketing Surveillance:PMS)における商用データベースの利活用可能性の検討:
パニツムマブ特定使用成績調査(全例調査)を例に
著者 清水 沙友里、五十嵐 中、康永 秀生
発表 第23回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2017年11月18日
題名 PCV48 MEDICAL COST EVALUATION OF APIXABAN VERSUS WARFARIN IN PATIENTS WITH NONVALVULAR ATRIAL FIBRILLATION:
JAPANESE CLAIMS DATABASE ANALYSIS
著者 Mishina S, Murata T
発表 ISPOR 20th Annual European Congress (Glasgow) November 7, 2017
題名 PRS21 ESTIMATING THE EXCESS COSTS OF COMMUNITY-ACQUIRED PNEUMONIA IN ELDERLY PEOPLE IN JAPAN
著者 Konomura K, Nagai H, Akazawa M
発表 ISPOR 20th Annual European Congress (Glasgow) November 7, 2017
題名 デノスマブ投与中の腎機能低下患者におけるCa製剤及びV.D製剤の最適投与量及び低Ca血症の発現危険因子に関する検討
著者 芳尾 正悟、鈴木 小夜、高木 彰紀、木村 元範、望月 眞弓、中村 智徳
発表 第27回日本医療薬学会年会 (千葉) 2017年11月5日
題名 ost impact of time to initiation of triple therapy in COPD patients in Japan: A retrospective analysis
of healthcare claims data
著者 Rafal Jakubanis, Robert Wood, Tim Holbrook, Wilhelmine Meeraus, Yogesh Punekar, Afisi Ismaila
発表 ERS International Congress (Milan) September 9-13, 2017
題名 Factor Utilization and Costs in Patients with Hemophilia B Using Standard and Extended Half-life
Recombinant Factor IX Replacement Products: Real-world Analysis in Japan
著者 Toshiyuki Karumori, Shintaro Hiro, Amit Chhabra, MBBS, Dean Spurden, Andreas M. Pleil, Jose Alvir,
Bartholomew J. Tortella
発表 ISTH 2017 (Berlin) July 11, 2017
題名 大規模データベースを用いた睡眠薬多剤処方と有害事象の関係の調査
著者 石橋 拓也、河合 洋、光本 篤史
発表 日本薬剤会第137年会 (仙台) 2017年3月26日
題名 The prevalence and costs associated with clinically overt extrahepatic manifestations
of hepatitis C virus infection in Japan
著者 Zobair Younossi, Maria Stepanova, Linda Henry, Issah Younossi, Atsushi Tanaka, Yuichiro Eguchi,
Norifumi Kawada, Andrei Racila, Sharon Hunt
発表 Asian Pacific Association for the Study of the Liver Annual Meeting 2017 (Shanghai) February 15-19, 2017

2016年

題名 多施設医事会計データを利用した注射用抗癌剤の副作用評価手法の検討-カルボプラチンによる血小板減少,末梢神経障害発現頻度-
著者 松下 良, 栗山 航一, 高橋 和暉, 中村 正樹
発表 第22回日本薬剤疫学会学術総会(京都) 2016年11月18日~20日
題名 xploring the Potential Applications of Medical Databases for Pharmacovigilance Plans
著者 Akihiro Seki, Yoshiaki Ando, Kenichiro Ohkawa, Sayuri Nakane, Masatomi Nemoto
発表 3th DIA Japan Annual Meeting 2016 (Tokyo) November 14, 2016
題名 CV3 ONGOING ANALYSIS OF CLINICAL AND ECONOMIC OUTCOMES OF JAPANESE PATIENTS WITH CORONARY HEART DISEASE
UNDERGOING PERCUTANEOUS CORONARY INTERVENTION
著者 Brad J. Martinsen
発表 ISPOR 7th Asia-Pacific Conference (Singapore) September 5, 2016
題名 Representativeness of electronic medical records to support NOVELTY
(a NOVEL observational longitudinal study of patients with asthma and/or chronic obstructive pulmonary disease) (718)
著者 Xia Wang, Alecka Sver.us, Josh Hiller, Diana Wong, Paola Nasuti, Harvey Jenner, Alexia McKenney,
Aaron Kamauu, Kyle Martin Flickinger, Maria Gerhardsson de Verdier
発表 32nd International Conference on Pharmacoepidemiology and Therapeutic Risk Management (Dublin) August 25-28, 2016
題名 多施設医事会計データを利用した注射用抗癌剤シスプラチンの末梢神経障害発現頻度
著者 松下 良、日光 智愛、栗山 航一、高橋 和暉、中村 正樹
発表 19回日本医薬品情報学会 (昭和薬科大学, 東京) 2016年6月4日~5日

2015年

題名 乳幼児のVPD関連入院サーベイランスシステムの構築に向けて:ロタウイルス胃腸炎を例としたパイロット研究
著者 木村 友美, 中村 正樹, 岡部 信彦
発表 第19回日本ワクチン学会学術集会(愛知) 2015年11月14日~15日
題名 A11 ESTIMATION OF THE PROGRESSION OF COLON CANCER BY JAPANESE LARGE-SCALE INSURANCE BENEFITS DATA ANALYSIS
著者 Iwasaki K, Arata H, Soeda J, Yanai T, Hiroi S
発表 ISPOR 18th Annual European Congress (Milan) November 11, 2015
題名 レセプトデータを活用した我が国の多発性硬化症の治療実態および医療費分析
著者 荻野 美恵子、河内 泉、大竹 一嘉、太田 浩之、大塚裕次朗、岩崎 宏介、廣居 伸蔵
発表 第27回日本神経免疫学会 (岐阜) 2015年9月15日
題名 Risk for cardiovascular disease in Japanese patients with rheumatoid arthritis:
a large-scale epidemiological study using a healthcare database
著者 KunihikoTanaka, Kenji Hamada, Terumi Nakayama, Akihide Atsumi, Shinichi Matsuda, Tomomi Shimura,
Masatomi Nemoto
発表 31th International Conference on Pharmcoepidemiology & Therapeutic Risk Management (Boston) 
August 23-26, 2015
題名 Drug Utilization in Rheumatoid Arthritis from a Large Japanese Hospital Administrative Database
著者 Bruce Crawford, Joseph Kim
発表 31th International Conference on Pharmcoepidemiology & Therapeutic Risk Management (Boston) 
August 23-26, 2015

2014年

題名 PGI46 REAL WORLD STUDIES USING JAPANESE ADMINISTRATIVE DATABASES: CHRONIC HEPATITIS C TREATMENT PATTERN
AND RESOURCE USE
著者 Crawford B, Tang A, Li H, Burns L, Wada K, McDonald J
発表 ISPOR 17th Annual European Congress (Amsterdam) November 10, 2014
題名 Acute Mortality among Psychiatric Patients with Acute Agitation Using a Japanese Hospital Database
著者 Ko Nakajo, Shuko Nojiri, Meghan E Jones, Keiji Kido, Masanori Taketsuna, Rei Maeda
発表 30th International Conference on Pharmcoepidemiology & Therapeutic Risk Management (Taipei) October 27, 2014
題名 Algorithm to Identify Malignant Lymphoma Patients Extracted from an Electronic Hospital Database and
Its Application in Japan
著者 Sumiko Okubo, Shuko Nojiri, Stepehn Paul Motsko, Yu Yan, Masanori Taketsuna, Haru Nakasawa, Hiroya Asou, Rei Maeda
発表 30th International Conference on Pharmcoepidemiology & Therapeutic Risk Management (Taipei) October 27, 2014
題名 Lessons Learned from a Survey for Hospitalized Influenza Using a Japanese Administrative Database
著者 Tomomi Kimura
発表 0th International Conference on Pharmcoepidemiology & Therapeutic Risk Management (Taipei) October 27,2014
題名 Identification of Drug-Induced Liver Injury in Medical Information Databases Using the Japanese Diagnostic Scale
著者 Tadaaki Hanatani, Kimie Sai, Masahiro Tohkin, Katsunori Segawa, Michio Kimura, Katsuhito Hori, Junichi Kawakami,
Yoshiro Saito
発表 30th International Conference on Pharmcoepidemiology & Therapeutic Risk Management (Taipei) October 27, 2014
題名 Epidemiology of Hepatic Impairment among Diabetes Patients in Japan
著者 Chia-Hsien Chang, Motonobu Sakaguchi
発表 30th International Conference on Pharmcoepidemiology & Therapeutic Risk Management (Taipei) October 25, 2014

2013年

題名 PRM54 - Usefulness of a Commercial Hospital Claims Database to Identify Current Anti-Vascular Endothelial Growth
Factor Treatment Patterns in Patients with Exudative Age-Related Macular Degeneration in Japan
著者 Narimatsu A, Adachi K, Wang ECY
発表 ISPOR 16th Annual European Congress (Dublin) November 6, 2013
題名 医事会計システムを利用した分子標的薬の医療経済に与える影響の検討
著者 渡辺 暢、荒川 一郎、太田 かおり、松林 大輔、白神 誠
発表 日本社会薬学会 第32年会 (東京) 2013年10月13日
題名 PIN103 TREATMENT BURDEN ASSOCIATED WITH PEGINTERFERON-BASED ANTIVIRAL THERAPY FOR PATIENTS
WITH CHRONIC HEPATITIS C (CHC) IN JAPAN
著者 Hiroyo Kuwabara (Healthcare Policy and Market Access, Janssen Japan)
発表 ISPOR 18th Annual International Meeting (New Orleans) May 20, 2013

2012年

題名 スタチン薬使用における併用薬と筋障害に関する薬剤疫学研究
著者 張家嫺、草間 真紀子、赤沢 学、折井 孝男、太田 かおり(東京大学薬学系研究科 et.al)
発表 第132回日本薬学会 (札幌) 2012年3月28日~31日
題名 『高齢者の術後せん妄における抗精神病薬の使用調査』
著者 太田 かおり、中村 正樹、牧内 隆司、森川 馨(メディカル・データ・ビジョン, et.al)
発表 第132回日本薬学会 (札幌) 2012年3月28日~31日

2011年

題名 PCN47 CLINICAL AND ECONOMIC BURDEN OF BREAST CANCER IN JAPAN:
A DIAGNOSIS PROCEDURE COMBINATION.BASED CLAIMS DATABASE SURVEY
著者 Arakawa I, Ohta K, Matsubayashi D, Nakamura M, Shiragami M (Teikyo Heisei Univ. et.al)
発表 ISPOR 14th Annual European Congress (Madrid) November 8, 2011
題名 『がん化学療法による悪心嘔吐予防における制吐薬適正使用ガイドラインの遵守傾向~分散型研究ネットワークの実装~』
著者 堀 雄史、小林 典弘、木村 友美、渥美 仁、中村 正樹、木村 通男、大西 一功、川上 純一 (浜松医科大学 et.al)
発表 第17回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2011年11月5日~6日
題名 高齢者の術後せん妄における抗精神病薬の使用調査
著者 太田 かおり, 中村 正樹, 牧内 隆司, 森川 馨
発表 日本薬学会第131年会(静岡) 2011年3月28日~31日
題名 家族性脳動脈瘤家系における、de novo 脳動脈瘤の危険性の検討
著者 太田 かおり, 中村 正樹, 牧内 隆司, 森川 馨
発表 日本薬学会第131年会(静岡) 2011年3月28日~31日

2010年

題名 Toxin-Confirmed Clostridium Difficile Infection in Japanese Inpatients.
著者 Kimura T. Diagnosed, -Treated, and
発表 第16回日本薬剤疫学会学術総会 (東京) 2010年10月29日~31日
題名 前立腺肥大症治療におけるα1 遮断薬単独療法に対するα1 遮断薬+Dutasteride併用療法の経済評価
著者 高山 達也、大園 誠一郎、柿原 浩明、橘 啓二郎、荒川 一郎(浜松医大, et.al)
発表 第17回日本排尿機能学会 (山梨) 2010年9月29日~10月1日

2009年

題名 腹部手術患者データベースを用いた症候性静脈血栓塞栓症(VTE)の疫学的解析
著者 左近 賢人、前原 喜彦、小林 隆夫、小林 浩、鳥居 徹、瀬尾 憲正
発表 第64回日本消化器外科学会総会 (大阪) 2009年7月16日~18日

page top