mdv ebm情報局mdv ebm情報局

EBM(Evidence based medicine)とは

EBM(Evidence based medicine)とは、「根拠(エビデンス)に基づいた医療」であり、医療現場においては従来の医師の経験をもとにした医療の提供から、医師の経験に臨床結果や論文等の根拠を加味し、最善の治療を患者へ提供することとして、広く認識されてきました。

医薬品医療機器業界においては、従来のアンケート調査や治験などの情報に加え、レセプト情報や診療明細情報等を用いてより質の高い情報を医療現場ならびに患者様へ提供する流れに変化しています。

EBMデータベース構築について

診療データベース構築

当社は経営支援のシステムをご導入いただいてる約800の病院様のうち、医療データの二次利用許諾をいただいた病院様の情報をデータベース化し、製薬会社様、医療材料機器メーカー様をはじめ近年は大学等研究機関様にもご利用いただいております。

当社が保有しているデータベースは「診療明細情報」と「レセプト情報」をソースとしてデータベースを構築しており、本データは病院様から提供いただく時点で専用のツールを用い、匿名加工が施された状態でご提供いただいております。

当社データベースは、製品戦略や市場実態の把握、論文作成や学会発表の元データとしてご利用が多く、近年はPMS(製造販売後調査)のためのデータベースとしてご選択いただいております。

page top