ご利用形態

当社が提供しているサービスをご紹介いたします

Webサービス

条件にマッチした患者数・処方量・処方日数を簡単に集計できる汎用分析ツール

条件設定したイベントが発現している患者数やイベント発現までの日数などの分析が可能なツール

ライン別やレジメン別の患者数や処方期間などオンコロジー領域でのご利用に特化した分析ツール

アドホックサービス

お客様のご要望に応じたオーダーメードのレポート等をご提供

お客様の用途に必要なデータをうかがい、分析対象となる患者のデータを集積・加工してご提供

各種サービス

MDV analyzer

条件にマッチした患者数・処方量・処方日数を簡単に集計できる汎用分析ツール

Webサービス

MDV analyzerロゴ

日本最大規模の診療データベースをもとに、お客様ご自身で患者数や処方日数、処方量などを容易に分析していただけるWEB分析ツールです。
疾患や薬剤だけでなく、手術や検査など実際の診療行為を起点とした多角的な分析も可能です。

主な機能●患者数分析 ●併用薬ランキング ●併発疾患ランキング ●処方量・日数分析 ●薬剤・疾患パターン分析

抽出条件作成

集計する年月や診療科、薬剤・疾患・診療行為をそれぞれ指定いただけます。

患者数分析

指定した条件にマッチした患者を性年代別や診療科別、薬剤や疾患別など様々な角度から患者数を把握いただけます。

ランキング

指定した患者における併存病名や併用薬などを探索的に確認いただけます。

処方量日数分析

1日あたりの処方量や日数を集計できます。また、力価単位に換算した処方量の集計にも対応しています。

パターン・ライン分析

MDV analyzer for Academia

条件設定したイベントが発現している患者数やイベント発現までの日数などの分析が可能なツール

Webサービス

MDV analyzer for Academiaロゴ

当社が保有する大規模診療データベースを使用した、薬と副作用の因果関係特定の一助として活用いただける疫学調査支援を目的とした分析ツールです。
データベース研究におけるフィージビリティ調査にもお役立ていただけます。

主な機能●患者数分析 ●イベント発症日数ヒストグラム ●薬剤・疾患・診療行為ランキング

条件作成

起点となる患者条件、イベント判定の条件、既往の条件を設定いただけます。

対象症例

条件で設定した、起点・イベントに該当する患者数または既往を考慮した際の患者数をそれぞれ表示いたします。
複数のイベントや既往を設定している場合は、それぞれ指定をすることも可能です。

患者数分析

起点、イベントに該当する患者の性年代別の分布を表示します。
起点とイベントの患者数を比較することで性別や年代にイベント発現の割合に変化があるかなど確認いただけます。

ランキング

起点からイベントまでの間に処方された薬剤や起点前に診断されている病名などをランキング形式で確認いただけます。

イベント発生ヒストグラム

起点の条件に該当する初日からイベント発生日までの日数を集計しています。
また、イベント発生日を起点として起点の条件に該当する直前の日までの日数も集計することが可能です。

MDV analyzer for Oncology

ライン別やレジメン別の患者数や処方期間などオンコロジー領域でご要望の多い分析を搭載したツール

Webサービス

MDV analyzer for Oncologyのロゴ

当社診療データベースが得意とするオンコロジー領域に特化した分析ツールです。
実際の現場で利用されているレジメンのシェアをラインごとに分析いただくことで、市場における自社薬剤ポジションニングや適応追加や新規上市を行う前の潜在患者の検討などにお役立ていただけます。

主な機能●患者数分析 ●月別レジメン分析 ●レジメン治療期間分析 ●レジメン別投与量分析 ●レジメン別金額分析 ●レジメンパターン分析

条件作成

集計する癌腫やレジメンなどから条件を指定することができます。
また術前化学療法や術後補助化学療法の指定も可能です。

患者数分析

対象患者をステージ別に分類し患者数を集計します。

月別レジメン分析

月別のレジメン別シェアをライン別に確認いただくことができます。
新薬追加や適応追加のタイミングにおけるレジメンシェアの把握やラインごとのレジメンシェアを集計できます。

レジメン治療期間分析

レジメンごとの治療期間を確認いただけます。
レジメン対象薬剤についてはレジメンを構成する薬剤ごとの日数も集計することができます。

レジメンパターン分析

集計レポート提供

お客様のご要望に応じたオーダーメードのレポート等をご提供

アドホックサービス

主な調査内容

1. 処方継続率集計
2. 薬剤の新規継続切り替え集計
3. 検査結果値を用いた集計

調査例

患者数が増えている要因や伸び悩んでいる原因などの確認にスポットを当てた集計です。患者数推移の傾向をつかみ、今後のプロモーション策定における一つの指標として活用いただけます。また、脱落患者については、他薬剤へのスイッチアウトや合併症の発症による中止などに分類することもできます。

N.S.C.D(新規/切り替え/継続/脱落)分析

データセット提供

お客様の用途に必要なデータをうかがい、分析対象となる患者のデータを集積・加工してご提供

アドホックサービス

主なご利用用途

1. 論文作成
2. 学会発表
3. 統計解析用データ

page top