ホーム > セミナー情報 > 2015年 > 【福岡開催】2015年1月24日(土)
「MDV地域医療構想対策セミナー」
      ~急性期、慢性期、制度設計 様々な観点の知恵を集めて~

セミナー情報

【福岡開催】2015年1月24日(土)
「MDV地域医療構想対策セミナー」
      ~急性期、慢性期、制度設計 様々な観点の知恵を集めて~


【お知らせ】
定員に達したため、受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。

第1回目の病床機能報告が終わり、地域医療構想のガイドラインも協議され、
その進め方が少しずつ明らかになってきました。
今後はさらに病棟機能の特化、地域での包括的な診療が制度化されるようになるでしょう。

今回のセミナーは急性期、慢性期、研究者のそれぞれの立場からの知恵を集め
今後の日本の医療について、具体的に考えていく場とします。

MDV ユーザ病院さまと目指すのは、地域医療を堅守する医療機関。

経営幹部、診療部、企画部、事務部、医事、診療情報管理の方々、
それぞれの立場から情報整理を行い今後の院内改善に
お役立てください。

対象者 病院経営者
医師・看護師
コメディカル職員
病院事務職員 向け
 ※病院関係者(派遣・嘱託職員含む)
日時 2015年1月24日(土)13:00~17:00(12:30開場)
会場 TKP博多駅前シティセンター Aホール
福岡県福岡市博多区博多駅前3-2-1
日本生命博多駅前ビル8FMAP
交通 ・JR博多駅 博多口方面 徒歩2分
・地下鉄博多駅 博多改札口より地下道
 「はかた駅前通り地下道路」 西21番出口
定員 200名
 *定員に達し次第、締切らせていただきます。
受講料/参加費 ※参加費無料です。
プログラム/内容/発表事例 ※都合により演目順や内容等が変更となることもございます。

■講演 講師:済生会福岡総合病院 院長
       全国済生会病院長会 会長
       日本病院会 副会長    岡留 健一郎 先生
    テーマ:対地域医療構想について、急性期の立場から

 再編される地域医療の中で、急性期はどのように進むべきか。
 高度急性期を担う自院の未来と慢性期に求めるものとは。


 
■講演 講師:日本慢性期医療協会 副会長
       医療法人社団 永生会 理事長 安藤 高朗 先生
    テーマ:対地域医療構想について、慢性期・ケアミックスの立場から

 再編される地域医療の中で、慢性期やケアミックスはどのように進むべきか。
 慢性期から急性期に求めるものとは。


 
■講演 講師:国立がん研究センター がん対策情報センター
       がん統計研究部 がん医療費調査室長 石川ベンジャミン光一 先生
    テーマ:(制度設計の立場からご講演いただきます。)

 地域の医療需要はどうなるのか。
 いかに適切な医療が確保されていくべきか。



■講師座談会:石川先生の進行によるポイント整理およびQ&A
    (地域包括ケア病棟協会長の仲井先生にもご登壇いただく予定です。)
お申込み方法/お申込みの流れ ①下記リンク先のお申込フォームよりお申込ください。
 (お申込直後に自動送信メールが送信されます。)

②自動送信メールにて、受講票(会場地図付き)をお送りいたします。

セミナー情報