MDVデータプラットフォームサービス(MDV DPS) 健全な病院経営支援のための情報活用基盤 Product&Service

「MDVデータプラットフォームサービス」(以下DPS)は、病院の経営を支援する情報活用基盤です。
電子カルテ、医事システム、その他システムの院内に点在するデータを一つに統合します。
また、情報活用基盤を活用するためのさまざまなコンテンツを搭載しており、「増収」「働き方改革」「医療の質」「患者満足度向上」という視点から、データ分析後の改善行動までご支援します。

MDV DPSについての資料請求、お問い合わせはこちら

DPSの特長

CSVや手入力データも統合可能

接続先システムのデータ以外にも、CSVで出力したデータや手入力したデータも情報活用基盤へ統合ができます。

帳票作成業務を自動化、帳票テンプレートも作成可能

情報活用基盤のデータを使用し、帳票作成業務を自動化します。

カルテコについて

DPSは、PHR(パーソナルヘルスレコード)サービスであるカルテコと連携が可能です。 カルテコは、患者が自分の診療情報の一部をインターネットを通じて保管・閲覧できるWEBサービスです。病名や処方薬、検査値の結果などを閲覧できます。

診療情報の一部を共有することで、患者の積極的な診療への参加、患者と医療従事者間のより強固な信頼関係構築、予防医療の推進などが期待できます。
患者の健康状態を家族も把握できるようになり、一層の安心に繋がります。

MDV DPSについての資料請求、お問い合わせはこちら