「新型コロナウイルス緊急レポート」 お申込みフォーム

「新型コロナウイルス緊急レポート」 - サービス終了

本サービスは7月末をもって申し込みを締め切りました。
多数のお申込みを頂きまして、誠にありがとうございました。

日本の医療にいま、どのような変化が起きているのか。
緊急事態宣言下での医療の変容を可視化するレポートを、3回シリーズで提供

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が全国に拡大されてから、
多くの医療機関では、外来患者の減少やオンライン・電話診療の拡大、予定手術の延期など様々な影響が出ています。

そこで、当社が保有する日本最大規模 3,130万人の診療データベースを用いて
新型コロナウイルスが「日本の医療」と「自院」に与えた影響を探る為の、緊急レポートを提供いたします。

感染症指定の有無 × 特別警戒都道府県対象地域か否かで、医療機関を分類し集計。
収入・疾患構成・看護必要度など様々な角度から、緊急事態宣言下での日本の医療の変容に迫ります。

自院にはどのような変化が起きているのか。全国他院の変化と比較することで、
自院への新型コロナウイルスの影響を分析

全国の他院のデータと自院のデータを使用し、自院への影響度についてベンチマークが可能。
自院に起きている変化は新型コロナウイルスによるものか、それとも違う要因によるものか、
収入・疾患構成・看護必要度などの角度から、診療と経営への影響を可視化します。