カンゴッチ+(プラス) 看護必要度分析アプリケーション Product&Service

看護必要度の正確な記録と適正評価を支援する
クラウド型看護必要度分析アプリケーション

カンゴッチ+(プラス)

「急性期一般入院料」の施設基準である「重症度、医療・看護必要度」の対策にお悩みではありませんか。
「カンゴッチ+(プラス)」は、「重症度、医療・看護必要度」の評価を、データからさまざまな角度で可視化・分析し、適正な評価につなげることができるアプリケーションです。
クラウド型サービスのため、インターネットに接続可能な端末であれば 院内のどこからでもアクセスでき、ソフトウェアの更新などの作業は不要です。

機能詳細 ※画像はイメージです。

看護必要度I・IIの算出、モニタリング

基準割合の日別推移を可視化直近3か月間の該当患者の割合をグラフにて確認することができます。
看護必要度IとIIを切り替えたり、ユーザーの見やすいグラフ(グラフ、集合グラフ)に変更したりすることもでき、一目で日別推移が把握できます。

診療データ(EFファイル)による評価漏れチェック
Hファイルによる算定漏れチェック

重症度、医療・看護必要度のデータと出来高による診療報酬のデータを比較することにより整合性をチェックすることができます。

B項目のデータチェック

DPCデータからB項目の「B14 診療・療養上の指示が通じる」と「B15 危険行動」が誤りである可能性を導き出し、HファイルのB項目が過小評価されていないかを可視化します。

投薬処方データの適正化

医事会計システムによっては、処方がまとまって記載されているEFファイルの投薬を分割し、実態に近いデータを反映することで、適正な評価に導くことができます。

ベンチマーク機能による看護必要度精度分析

新機能のベンチマーク機能では、DPCやMDC6別に看護必要度の推移や重症患者割合を他病院と比較でき、自院のオーダー入力やコスト算定漏れの可能性を発見できます。
カンゴッチ+(プラス)はクリニカルパスの適正化を支援し、効率的なベッドコントロールをお手伝いします。