Medical Code 病院向け経営支援システム Product&Service

「Medical Code」は、DPCデータや電子レセプトデータなどの標準フォーマットデータを活用し、病院原価計算や診療単価の向上等、病院経営を多角的に支援するシステムです。ユーザ登録は無制限のため、院内での円滑な情報共有、意識改革・改善行動を促進し、経営改善が可能です。

Medical Codeについての資料請求、実データデモンストレーションのご依頼はこちら

なぜMedical Codeが選ばれるのか?

安心のユーザ数

リリース以降、導入病院は増え続け、現在、275病院(2019年6月末時点)。病院原価計算システムでは、最大級のユーザ数を誇ります。MDVには数多くの活用支援の実績があり、原価計算をはじめとする経営改善のノウハウがあります。

クライアント数による追加料金はいただきません

「Medical Code」はユーザ登録数無制限なので、院内の何名でも登録可能。制限なく使用できることで、院内の意思決定が早まります。経歴、職種問わず利用できるような、分かりやすい画面デザインと評判です。

信頼のユーザサポート

全国各地で地域勉強会、初心者向け目的別レッスンを実施。電話やメールによる問い合わせサポート体制を整備し、原則、平日24時間以内に一次回答。ユーザ限定の看護必要度チェックアプリケーション「カンゴッチ」を、無償でご利用いただけます。また、ご希望に応じて、弊社コンサルタントによる経営支援メニュー(別途有償)も用意しています。

ユーザサポート詳細

安心のデータセキュリティ

MDVはISO/IEC 27001(ISMS)の認証を受けています。東証一部上場企業として、個人情報保護に関する法令を遵守し、医療情報を取り扱う各種ガイドラインに準拠した運用により、安全なデータ取得・管理を徹底しています。

情報セキュリティ基本方針

Medical Codeでできること

病院経営を総合的にサポート!

従来の経営支援システムは数値の分析までに留まり、課題解決まで至らないケースが多いと言われています。「Medical Code」は病院原価計算(コスト分析)、各種指導管理料の算定率向上(医療の質・収益の向上)、ICU/HCU・地域包括ケア病棟への転棟シミュレーション機能等の多くの機能を通じて、実際の経営改善まで導きます。

診療科別、疾患別、患者日別原価計算ができる!

病院固有の配賦ルールの作成が可能なため、院内の実情に沿った内容で原価計算できます。一般的な診療科別の原価計算の他に、疾患(MDC6、DPC)単位、さらに患者別・日別まで細粒化して原価計算をすることができるため、DPC単位の経過日数ごとの収益・費用・累計利益の可視化や、費用・利益率の他院比較が可能です。また、MDVには、原価データの構築・活用を支援する専門チームがあります。多くの病院の導入実績をもとに、導入後、院内の実情に沿った活用・配賦ルール設定を実現します。

各種指導管理料の算定率向上により「医療の質」、「経営の質」が向上できる!

各種指導管理料の算定率を病院全体、診療科別、病棟別に、また未算定症例を明らかにし、算定率や一人当たりの算定件数等を他院と比較(ベンチマーク)することで、具体的な改善行動に繋げます。多職種によるPDCAサイクルを円滑に回すために、算定件数目標を共有する機能も有しています。

任意の指標が作成できる!

条件設定の自由度が高く、経営やQ1に関する独自指標を作成できます。また、オプションの「みんなの指標」をご利用いただくことで、独自に作成した指標を、他病院と比較(ベンチマーク)することができます。

操作画面例 ※本画像はイメージです。

部門別原価計算、患者日別原価計算

病院経営を行う上で、自院が提供する医療サービスの採算性を把握することが重要です。部門別原価計算のほか、患者別・日別原価計算を実施することにより、多くの切り口で院内原価を把握できます。また、コメディカル部門採算分析機能を活用することで、診療部門だけでなく補助部門の原価も把握できます。

費用、利益率の他院比較

DPCコード別の費用・利益率を他院と比較できます。材料費、給与費、委託費といったコストの詳細情報と併せて、診療単価、平均在院日数のベンチマーク情報も確認できます。

DPCコード別原価計算

DPCコード別に在院日数経過ごとの収益・費用・累計利益を可視化できます。またHファイルの内容をもとに、経過日数ごとの重症患者割合も併せて確認することができます。原価情報を把握することにより、収益が最も高くなる退院日の設定に役立ち、入院日数のコントロールの目安になります。

算定率向上

各種指導管理料(薬剤管理指導料、入院栄養食事指導料等)を中心とした項目の算定状況が把握できるほか、他院との比較(ベンチマーク)が可能です。算定機会の可能性を探った上で、解決までのプロセスを導き出し、継続的な収益改善をサポートします。

わたしの指標

期間や患者属性、診療行為などの条件から症例を検索できるほか、該当する症例の一覧や診療行為を確認できます。また、検索条件を分母・分子に設定することで指標の作成も可能です。

関連オプション機能

「みんなの指標」は、「Medical Code」の「わたしの指標」機能を使ってユーザが作成した任意の指標を「本」としてライブラリ化し、他病院との比較(ベンチマーク)分析および他ユーザと検索条件やその結果を共有できるオプション機能です。

みんなの指標詳細

病院にてコーディングしたDPCコードと「EVE」がDPCデータから自動コーディングした結果を比較し、DPCコードや出来高算定項目に間違えがないか、視覚的に確認することができます。

ICU/HCU転棟収益シミュレーション

一般病棟に入院している患者のうち、「ICU/HCU」における看護必要度が重症と判断できる症例を洗い出し、一般病棟の重症患者割合が維持すべき最低値を下回らない範囲で「ICU/HCU」への転棟患者数と増収額を試算できます。「ICU/HCU」を未設置であれば開設病床数検討、設置済であれば適正な病床数の検討・稼働状況(延べ患者数)の把握に活用できます。

地域包括ケア病棟収益シミュレーション

一般病棟から地域包括ケア病棟に転棟した場合の、診療科別・疾患別での収益差や収益が最大となるタイミング、転棟による在院日数の削減効果を把握できます。これらの分析結果により、最適な転棟日、最適なベッド数なども検討できます。また、地域包括ケア病棟協会会長の仲井培雄氏より、経営的な視点から地域包括ケア病棟のマネジメントを支援する機能として期待を寄せられており、ご推薦をいただきました。

薬剤処方改善

自院の薬剤銘柄数や後発品採用率など、薬剤の使用状況の把握が可能です。また、ベンチマークデータを基にした、採用施設数ランキング・実績金額ランキングを参考に、後発品薬剤の切り替え候補を検討できます。切り替え後の後発品採用率のシミュレーションも可能です。

自院の薬剤銘柄数や後発品採用率など、薬剤の使用状況の把握が可能です。また、ベンチマークデータを基にした、採用施設数ランキング・実績金額ランキングを参考に、後発品薬剤の切り替え候補を検討できます。切り替え後の後発品採用率のシミュレーションも可能です。

みんなの指標Medical Codeオプションサービス

みんなの指標でできること
※本画像はイメージです。

「みんなの指標」は、ユーザが任意に作成した指標にベンチマークデータを付与し、共有できるプラットフォームです。

自由に作成した指標でベンチマーク

「Medical Code」の機能である「わたしの指標」で作成した指標における自院の数値を、他院比較(ベンチマーク)することが可能です。指標を「みんなの指標」のサイトへアップロードすると、ベンチマークデータが付与され、1冊の「本」として「みんなの指標」ユーザに公開されます。

豊富な指標をダウンロード可能

他院のアップロードした様々な指標をダウンロードできます。ダウンロードした指標を、自院の「Medical Code」に取り込むことで、その指標における自院の数値や他院比較ができます。

Medical Codeについての資料請求、実データデモンストレーションのご依頼はこちら

よくあるお問い合わせ

機能に関するQ&A

DPCデータやレセプトデータなど、病院で普段作成しているデータにてご利用いただけます。また原価計算機能では、SPDデータなどの病院独自のファイルを取り込むことが可能です。

ご利用可能です。準備病院のユーザもいらっしゃいます。

※D、Hファイルの有無等によって一部利用できない機能もありますので、詳細はお問い合わせください。

配賦ルールは固定ではなく、任意に設定することが可能です。また、配賦せず直課する設定にも対応しております。

ご安心ください。MDVには、原価データの構築・活用を支援する専門チームがあり、これまで多くの病院の導入事例もあります。そのような実績をもとに、導入後、院内の実情に沿った活用・配賦ルール設定ができるよう、支援しています。

費目・部門・配賦ルールなどの設定は、原価計算のパターンとして保持できるため、効率的に運用できます。毎月入力が必要な項目については、データ取込機能を使用することで、手作業の負荷を軽減できます。

改定後も、お使いいただけます。改定対応による追加費用は発生しません。

電話やメールによる問い合わせサポート体制を整備し、商品に関する疑問や不明点について、原則、平日24時間以内に一次回答しています。(電話:平日10時~16時、メール:24時間受付)。また、初心者向け目的別レッスン、全国各地でユーザ病院同士での情報交換が可能な地域勉強会など、積極的にサポートを行っています。

弊社営業またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

各グラフを、「Medical Code」の画面から直接コピーして貼り付けることができますので、短時間で報告資料が作成できます。

「Medical Code」にて、Hファイルの内容をもとに疾患・日別の重症患者割合の推移を確認できます。
また、ユーザは看護必要度アプリケーション「カンゴッチ」を無償にてお使いいただけます。「カンゴッチ」では、DPCデータとHファイルのA・C項目の整合性をチェックでき、看護必要度Ⅰ、Ⅱの試算が可能です。

仕様に関するQ&A

「Medical Code」は貴院に専用サーバを構築し、病院内のパソコンからブラウザを利用し閲覧、分析するシステムです。
院内LANにつながっているパソコンであれば、どこでも誰でもアクセスできます(各利用者アカウントで利用者権限の設定が可能です)。院内でデータを共有することで、それぞれの職種の方が、多角的に分析できます。

※専用サーバまでのネットワーク設定と、ユーザ登録をしていただく必要があります。

タワー型、ラック型サーバどちらもお選びいただけます。

下記2つのブラウザにてご利用いただけます。

  • Windows版 Internet Explorer( Microsoftによる現行サポートバージョンに準じます)
  • Windows版 Firefox ESR (最新バージョン)

「Medical Code」をご利用いただく際には、インターネットへの接続環境は必要ありません。

必ずしも院内LANに参加させる必要はありません。
「Medical Code」に接続する専用のクライアント端末をご用意いただければ、「Medical Code」サーバとクライアント端末を直接接続し、使用可能です。

オプションでご用意できます。

Medical Codeについての資料請求、実データデモンストレーションのご依頼はこちら