ホーム > プレスリリース > 2015年 > 患者が自身の診療情報の一部を保管・閲覧できるサービス「カルテコ」
2015年8月10日より長野県諏訪湖畔病院においてサービス提供開始

プレスリリース

患者が自身の診療情報の一部を保管・閲覧できるサービス「カルテコ」
2015年8月10日より長野県諏訪湖畔病院においてサービス提供開始

2015年8月5日

サービス提供の背景

 医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岩崎 博之 以下、当社)は、医療法人研成会 諏訪湖畔病院(長野県岡谷市 院長:稲村いづみ 以下、諏訪湖畔病院)へ、患者が自身で診療情報の一部を保管・閲覧できるサービス「カルテコ」を導入し、2015年8月10日よりサービスの提供を開始することをお知らせいたします。


 当社は2003年8月の設立以来、「患者メリットの創造」と「医療制度・仕組みの改革」を企業理念に掲げ、医療データのネットワーク化に取り組んでおります。
 2015年6月には、患者が自身の診療情報の一部を保管・閲覧できるようになるWEBサービス「カルテコ」の提供を開始いたしました。
 これまで、生活者が時系列にまとまった自身の診療情報を保管・閲覧する仕組みが未発達であったため、過去の治療内容などを把握した上で、診療の選択をすることは困難でした。そうした中、当該サービスによって患者が自身の診療情報の一部をインターネットを通じて保管・閲覧することができるようになりました。
 諏訪湖畔病院は当該サービスを導入することで、医療機関と患者が診療情報の一部を共有することが可能となり、患者の積極的な診療への参加や、患者および親族と医療従事者間のより強固な信頼関係構築の促進を図ることができます。


「カルテコ」概要

 「カルテコ」とは、医師が診療記録モジュールを通じて患者に診療情報の一部を共有することで、患者が自身の診療情報の一部を保管・閲覧できるようになるWEBサービスです。 「カルテコ」では、受診した医療機関情報、傷病名、検査結果、処方薬、処置・手術などを保管・閲覧できます。ただし、医師が諸事情を鑑み共有しないと判断した情報については、患者は閲覧できません。
(※)諏訪湖畔病院では、傷病名は含まれません。

諏訪湖畔病院について

名称:医療法人研成会 諏訪湖畔病院
設立:1956年12月
理事長:井口 光世
院長:稲村 いづみ
所在地:長野県岡谷市長地小荻1丁目11番地30号
診療科目:内科・神経内科・消化器内科・循環器内科・加齢総合診療科・心療内科・ 精神科・脳神経外科・整形外科・リハビリテーション科・歯科・歯科口外科
病床数:320床(一般病床:110床 精神科病床:210床)
URL:http://www.kensei-kai.jp/index.html

プレスリリース