お知らせ News

メディア掲載:「最新医療経営 フェイズ・スリー」にユーザ病院の経営への取り組みとカンゴッチについて掲載されました2016年11月10日

【媒体名】
「最新医療経営 フェイズ・スリー」 2016年11月10日発行
【見出し】
10月からのデータ提出義務で「重症度、医療・看護必要度」の精度向上が経営課題に
【概要】
2016年診療報酬改定において、「重症度、医療・看護必要度」の大幅な見直しが図られた。C項目の新設や7対1重症患者割合の15%から25%への引き上げに加え、DPCデータ「Hファイル」の提出により、DPC病院ではデータ精度の向上が今後より重要となります。
そうした中、地方独立行政法人 岐阜県立多治見病院では、看護必要度の精度向上に向けた部門間を超えた連係が進んでいる。医療の質向上と経営の質向上のため、現状と課題を分析しながら医師、看護師、事務職など院内全体で経営改善に向けた取組みを実施し、患者メリット創出に尽力する。

ニュース

お知らせ
プレスリリース