ホーム > お知らせ > 2017年 > メディア掲載:「医療タイムス」に連載記事が掲載されました

お知らせ

メディア掲載:「医療タイムス」に連載記事が掲載されました

2017年2月20日

病院の経営改善に向けた具体的な取り組みを紹介する、ユーザ会の連載記事が掲載されました。

【媒体名】
「医療タイムス」 2017年2月20日発行

【コーナー名】
経営改善 現場の知恵
弟52回 原価計算を利用した診療科別ヒアリング

【記事要約】
広島県の福山市民病院では、従来各診療科の統括科長から問題点を聞き取ることを中心に診療科別ヒアリングを行なってきました。2016年に病院向け経営支援システム「Medical Code」を導入し、これまでの診療科別ヒアリングの中で診療科別収支分析やSWOT分析などを実施し、強みや改善すべきポイントを把握することで医療と経営の質向上を図ることとなりました。
これにより、高度急性期・急性期を担う医療機関として、在院日数短縮による高診療密度の維持、経営改善に対する意識、クリニカルパス拡充、集患に取り組んでいくなどの院内における共通認識が形成されました。
今後は指標を定期的に提示し続けていくことにより、院内全体で病院経営に参画しているという意識付けを拡大していきたいとのことです。

お知らせ