お知らせ News

メディア掲載:「Web医療タイムス」に記事が掲載されました2019年8月14日

【媒体名】
「Web医療タイムス」2019年8月14日(水)配信


【見出し】
データエビデンスに基づく重症度、医療・看護必要度Ⅱへの戦略的移行


【記事概要】
 日本の医療現場は、高齢化に伴って深刻な人手不足に陥っており、2025年には看護職員が3~13万人不足すると言われている(厚生労働省ホームページより)。人手不足の原因の1つとして挙げられる「業務負担」の軽減に取り組むことが急務になっている中、重症度、医療・看護必要度Ⅱへの意向によって、業務負担軽減を進める病院も多い。市立豊中病院(大阪府豊中市)では、データ分析の結果を基に重症度、医療・看護必要度Ⅱへの移行準備を進め、2019年4月に完全移行した。具体的な取り組みについて、当社ユーザ会社員が市立豊中病院の職員に聞きました。

ニュース

お知らせ
プレスリリース