ホーム > プレスリリース > 2015年 > OTC医薬品をはじめとするH&BC製品に関するデータ分析サービスを開始

プレスリリース

OTC医薬品をはじめとするH&BC製品に関するデータ分析サービスを開始
~当社が保有する約900万人の診療データベースを活用~

2015年2月16日

 医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岩崎 博之)は、当社が保有する約900万人の診療データベースを活用し、OTC医薬品(※1)をはじめとするH&BC製品(※2)に関するデータ分析サービスを新たに開始いたしましたことをお知らせいたします。

(※1) OTC医薬品とは、「Over The Counter Drug」の略称で、医師の処方ではない、薬局・ドラッグストアなどで販売される一般用医薬品のことを指します。
(※2)H&BC製品とは、「ヘルス&ビューティケア」の略称で、OTC医薬品を含め、医薬部外品、医療用具や機能性食品、化粧品、ヘアケア、オーラルケアなど、「美と健康を守る」ことを目的とした商品群のことを指します。

【サービス概要】

 昨今、国民医療費の増大や生活習慣病の増加を背景に、セルフメディケーションやセルフホリスティックケアの重要性が再認識されるとともに、OTC医薬品を含めたH&BC製品の役割が注目されています。その中で製薬企業は、未病・予防領域でのプライマリーケアの担い手としてオプティマル・ヘルス製品を開発・上市していくために、生活者ニーズや実態市場を把握することが必須となっています。しかし、その分析手法として採用されているマーケティングリサーチや物販データ解析などでは、情報バイアスや購買者と使用者のギャップが発生してしまうという課題が否めません。
 
 当社は従前より、二次利用の許諾をいただいた急性期病院の診療情報をデータベース化し、把握が難しかった医療現場における医療用医薬品の処方実態を、分析データとして製薬会社や研究機関などに提供してまいりました。
 この度新たに開始するサービスでは、当社が保有する診療データベースと分析ノウハウを生かし、生活者の実態に即したOTC市場の把握やターゲティング・ポジショニングの戦略構築に役立つ各種分析データを、主にOTC医薬品メーカーに対して提供してまいります。

【提供内容詳細】

 スイッチOTC導入の際の市場実態、OTCや機能性食品の新製品開発に関する市場実態、売り場への新規導入のための疾患市場規模などを把握することを目的に、個別調査や冊子型の年次レポートを提供いたします。また今後は、ASP型の汎用分析ツールや、診療統計データとインサイト調査データを組み合わせた分析データなどを提供予定です。

1.アドホックサービス(提供価格:調査内容による)
  ご要望に合わせた分析集計を行い、集計レポートやデータセット形式で提供いたします。

2.定型レポートサービス(提供価格:調査内容による)
  ご要望に応じたアウトプットで、月次や半期等で定例のレポートを提供いたします。

3.冊子型年次レポート(提供価格:20~30万円程度)
  診療統計版OTCマスタ(※3)を構築し、カテゴリ毎の薬剤、疾患の年間トレンドデータを冊子形式で提
  供いたします。今後は、マーチャンダイジング、機能性食品、シニアマーケット等のテーマ毎に順次提
  供する予定です。


(※3)診療統計版OTCマスタとは、医療用医薬品添付文書の効能効果と、完全もしくはほぼ完全一致する標準病名及び薬効を基に、当社が独自に定義したOTCカテゴリー(疾患:29カテゴリー、薬剤:31カテゴリー)です。

【提供例】

1.スイッチOTC導入
  スイッチ対象薬剤の処方患者属性、セグメント内処方薬ランキング、年時時系列の処方患者数推移など、ス
  イッチOTC発売時の市場実態把握に役立つデータを提供いたします。

2.機能性食品新製品開発
  疾患毎の患者属性、処方薬、併病など、新製品開発時に市場実態把握に役立つデータを提供します。例えば
  生活習慣病領域においては、受診データと検査値データの組み合わせによる分析結果、検査値データによる
  患者属性分析結果などを提供します。

プレスリリース