プレスリリース News

CADA株式会社における事業の本格稼動について2015年6月11日

 医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岩崎 博之 以下、当社)は、デジタル健康ソリューション「エースビジョン」(※1)の本格導入を開始することに伴い、2015年4月20日に設立し準備してまいりましたCADA株式会社について、その事業を2015年6月より本格稼動することをお知らせいたします。

【CADA株式会社設立の目的】

医療情報統合IDカード「CADA」

 CADA株式会社は、病院向けデジタル健康ソリューション「エースビジョン」の付帯サービスである、医療情報統合IDカード「CADA」(※2)の発行、管理、運用受託等を行うことを主な目的として、2015年4月20日に設立されました。
 今後は、「CADA」を活用した新サービスの企画・開発、および各種サービスにおける運用代行などを行っていく予定です。
(※1)病院向けデジタル健康ソリューション「エースビジョン」
 デジタル健康ソリューション「エースビジョン」は、患者への診療情報共有を目的にした病院向けのトータルソリューションで、診療記録モジュール、医療情報統合IDカード「CADA」、診療情報保管・閲覧サービス「カルテコ」を付帯しています。
 当該ソリューションを導入することで病院は、診療録の記録・保存、患者へ診療情報の一部を共有できる一方、当該ソリューションを導入している病院を受診した患者は、「カルテコ」を通じて、自身の診療情報の一部を保管・閲覧できるようになります。
(※2)医療情報統合IDカード「CADA」
 「CADA」とは、同一患者の診療情報を統合するための共通診察券機能を持つIDカードです。
 患者は、「カルテコ」のアカウントを取り、「CADA」に記載されたIDなどを登録することで、「カルテコ」で診療情報を保管・閲覧できるようになります。また、「エースビジョン」を導入している病院であれば、共通診察券としても利用できます。

【会社概要】

1.称号:CADA株式会社
2.事業内容:病院向けデジタル健康ソリューション「エースビジョン」の付帯サービスである、
  医療情報統合IDカード「CADA」の発行、管理、運用受託など
3.設立年月日:2015年4月20日
4.所在地:東京都千代田区神田美土代町7番地
5.資本金:20百万円
6.発行済株式数:400株
7.株主構成:メディカル・データ・ビジョン株式会社100%子会社
8.代表者:浅見 修二(メディカル・データ・ビジョン株式会社 専務取締役兼任)

ニュース

お知らせ
プレスリリース