ホーム > プレスリリース > 2019年 > 千葉大学病院とメディカル・データ・ビジョン㈱が患者サービス向上を目指し、実証・研究開発をスタート ~診療後の待ち時間 "解消" へ!~

プレスリリース

千葉大学病院とメディカル・データ・ビジョン㈱が
患者サービス向上を目指し、実証・研究開発をスタート
~診療後の待ち時間 “解消” へ!~

2019年4月23日

 千葉⼤学病院(病院⻑ ⼭本修⼀)と医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代⽥区 代表取締役社⻑ 岩崎博之、以下「MDV」)は、キャッシュレスやペーパーレスなどによる患者サービスのさらなる向上を⽬指し、MDVが開発した病院向けシステムCADA-BOX(カーダボックス)を利⽤した実証・研究開発をこの4⽉から開始しました。

■診療後の待ち時間の解消に向けたキャッシュレスの実現・拡充
 ・診療が終わったらそのまま帰れて待ち時間の短縮につながります
 ・通院や退院の際の急な出費にも安⼼、治療に専念できます

■患者サービス向上にむけたペーパーレスの実現・拡充
 現在、診察予約票、受診票、検査データの結果など、
 ⼀⼈の患者に対して発⾏している紙をペーパーレスに
 ・次回予約票などを受けとる必要がなく、待ち時間の短縮につながります

患者さん・病院のメリット

【患者さんのメリット】
 ・受診後すぐに帰れて待ち時間短縮
 ・急な出費にも安⼼
 ・紙の管理など煩雑さから解放


【病院のメリット】
 ・患者⽬線での診療を提供
 ・会計業務軽減、⼈件費削減
 ・未回収⾦問題の解消

取材のお申込み・お問い合せ先

千葉⼤学病院 病院広報室 ⽥中・⾼井・丸⼭
Tel:043-226-2225
Fax:043-224-3830
E-mail:byoin-koho@chiba-u.jp

メディカル・データ・ビジョン株式会社 広報 : 君塚・⾚⽻
Tel :03-5283-6911(代表)
Fax : 03-5283-6811
E-mail :pr@mdv.co.jp

プレスリリース