プレスリリース News

MDV analyzer、健保データ分析機能を搭載ーDPCと健保、両データで長所短所を相互補完へ
2020年9月10日

 医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎博之、以下「MDV」)は、国内最大規模の診療データベースをもとに患者数や処方日数、処方量などを容易に分析できるWeb分析ツール「MDV analyzer」(※1)に健康保険組合(健保)データの分析機能を搭載したほか、健保データのみの「MDV HIA analyzer」(※2)を新サービスとして提供開始することをお知らせします。
 
 MDVが保有する診療データベースの実患者数は3,299万人(2020年8月末集計)に上っています。健保データは2020年4月に集積を開始し、実患者数は580万人(2020年7月末集計)。現状、医事会計RWD(リアルワールドデータ)は病院(DPC)データと健保データの主に2種類。これらのデータは一長一短で、DPCデータは、年齢の偏りがない情報が見られる半面、クリニックや転院先の情報が追えません。一方、健保データは高齢者情報が見られませんが、クリニックと病院の別、転院先の情報が追えます。

 そこで、当社の「MDV analyzer」に健保データを組み込み分析機能を搭載することで、DPCと健保、それぞれのデータを一つの画面で同時に閲覧できるようになりました。これにより、結果の違いの有無などが瞬時に確認できるほか、作業効率改善や分析精度を向上させることが期待できます。

(※1)MDV analyzerは製薬会社やアカデミアの研究者などが主なユーザー様で、薬剤の処方実態の分析等マーケティングでの活用のほか、急な照会事項対応や研究論文作成検討の際になど幅広くご利用いただいています。
(※2)HIAとは、Health Insurance Association の略です。

=MDV analyzerの画面イメージ=

<本件に関するお問い合せ先>
メディカル・データ・ビジョン株式会社 広報室 君塚・赤羽 
TEL:03-5283-6911(代表)
e-mail:pr@mdv.co.jp

ニュース

お知らせ
プレスリリース