プレスリリース News

医療従事者のワクチン接種管理はPHR「カルテコ」で 今後の高齢者への接種に備え体制整備へ
2021年2月12日

 社会医療法人社団慈生会(東京都足立区 理事長:伊藤雅史)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の医療従事者へのワクチン接種の管理について、運営する等潤病院、常楽診療所、健診センター等潤で利用可能な診療・健診情報をパソコンやスマートフォンなどでいつでもどこでも閲覧できるPHR(パーソナルヘルスレコード)システムを活用し、今後の高齢者接種に備え管理体制の整備をすることを決めましたので、お知らします。

 慈生会が職員のワクチン接種の管理で活用するPHRシステムは、メディカル・データ・ビジョン株式会社(同千代田区、代表取締役社長:岩崎博之)の開発した「カルテコ」です。慈生会では「カルテコ」を付帯したデジタル健康ソリューション「CADA-BOX」が、2019年5月から稼働しています。慈生会では、患者様や健診受診者様のほか、職員の多くが「カルテコ」に加入し、傷病名や診療で使われた薬剤、処置、検査結果などだけでなく、健康診断の結果も閲覧できるようになっています。

 ワクチン接種にあたっては、その種類や接種日などの情報を「カルテコ」に掲載します。これらの情報は等潤病院の1階受付近くに設置した専用キオスク端末でプリントアウトすることもできます。接種後の体調不良や副反応が出てきたことを記録することもできるため、次回接種する際などの参考情報になります。また、「カルテコ」では過去の既往歴や処方歴なども確認できるため、接種前の予診で役立てることが可能です。

【 ワクチン接種でPHR活用について伊藤理事長のコメント 】
 COVID-19のワクチン接種については医療従事者に先行接種した上で、地域の高齢者様への接種が始まります。慈生会では職員が接種する段階で、PHRを通じたワクチン接種を管理する体制を整え、高齢者様への接種が円滑に行えるようにします。今回のワクチン接種では、2回接種する必要があるとされ、地域の高齢者にもれなく接種するにはPHRの活用が有効だと考えています。

慈生会・伊藤理事長

【 カルテコのウエブサイトへの二次元バーコード 】

<本件に関するお問合せ先>
メディカル・データ・ビジョン株式会社 広報部  担当:君塚、赤羽
TEL:03-5283-6911(代表) FAX:03-5283-6811 MAIL:pr@mdv.co.jp

ニュース

お知らせ
プレスリリース